ある日本人しか知らない 鉄の女は今の日本に必要ですか 〖

ある日本人しか知らない 鉄の女は今の日本に必要ですか 〖。。「鉄の女」は今の日本に必要ですか 〖補足〗
英国サッチャー首相に「鉄の女」という異名が付けられたのは、フォークランド紛争に躊躇なく出兵を命じたからだけではなかったようです
サッチャー首相は、六十才以上の高齢者の人工透析に対する健康保険適応を中止させました 医療費を削るためです 人工透析は高額ですから、自費で人工透析できる人はとても少ない このため多くの高齢者が亡くなった 当然にサッチャー首相に対する非難が巻き起こりました 「人殺し」と言われました 実際に多くの患者が人工透析を受けられなくなり、亡くなりました それでもサッチャー首相はまったく揺るがなかった だからこそ「鉄の女」と呼ばれたのです おかげで英国政府の医療費は大幅に減少したそうです 果たして日本の政治家に、こうした強さがあるでしょうか
「英国社会には効果が上がらない医療は行わないという考え方があります たとえば、年間五百万円近くの費用がかかる人工透析です 英国では五十歳以上の場合、新規に透析を開始するようなことはしないのが暗黙の了解です 英国人にとって苦渋の選択だと思うのですが、日本ではちょっと考えられないことですね 国民性の違いもありますが、国民の税金で賄っていて、医療費全体のパイが決まっているからこそ、一番効果があるところに医療費を投入したいという合意があるのでしょう=短期集中連載?第4回 あえて言う“後期高齢者医療制度”は絶対に必要だ(抜粋)」
「糖尿病が悪化して人工透析になると、ひとり大体年間五百万円くらい国が負担するが、本人は二万円くらいしか払わない 今や二十八万人×五百万円で、一兆数億円が国の負担になっている 人工透析に係る国のサポートは、難病である腎臓病について行われていたが、糖尿病の管理が不十分だったために腎臓がだめになったケースにまで適用されるようになった 実はちゃんと糖尿病を管理していれば、そうならないですんだ筈=日本版EHRの実現に向けて(抜粋)」
日本の高齢者医療には、人工透析のほか、胃瘻の問題もあります 医療財政の崩壊をきたしてまで、寝たきりの高齢者を延命させるような節度ない医療にどんな意味があるのか
「サッチャー首相が登場した80年代の英国は『欧州の病人』と言われた 今、英国はEUから出たいと言い、欧州は待ってくれ、考え直してくれと引き留めるが、あのころだったらみんな喜んで熨斗を付けて送り出してくれた とにかくみんな働かない ストは打つ、仕事はさぼる 清掃車は回収に来ないでロンドンの街角はゴミに埋もれた で、出てきたサッチャーはまず国有企業をほぼ民営化し、組合の力を制限し、福祉にすがる見せかけの弱者を切っていった 日教組に似た自虐史観を振りまく教員も切り、誇りある歴史教育を推し進めた ネルソン提督が大活躍する教科書で生徒は英国に生まれてよかったと思い、少年犯罪は劇的に減っていった 医療にも手を付けた 『揺り籠から墓場まで』は高福祉の英国を象徴する言葉だ それはまだ生きているが、タダの医療費にすがると、例えば風邪でも2週間は待つ 白内障の診断を受けても手術まで3年かかる 目が見えなくなる前に高い自費診療に行く サッチャーはまた透析とか高額医療を六十歳で切った 『続けたければ自分の命だ、自費でやればいい』を徹底した 社会医療費は大幅削減できた サッチャーはそれで英国を立ち直らせた 少し前、膨れる老人医療費是正のため診療費を百円上げる話が日本で出たとき、朝日新聞は『死ねというのか』の見出しを打った サッチャーなら逆に聞くだろう 一体いくつまで他人にたかる気かと 高齢者にこんなセリフを言える政治家は日本にはいません 日本の政治家は福祉医療の充実ばかり言います 票が欲しいのでしょう 福祉医療予算がどんどん膨らみます 日本に女性首相が誕生しても、おそらくは村山富市のような首相になるでしょう サッチャー首相の行った改革は、日本ではできそうもありません =『正論』2016年7月号高山正之」

https://ameblo jp/14pines/entry 12205605937 htmlマーガレット?サッチャー。-機能を使うにはログインが必要です。国を変えるため男社内の中で
奮闘するマーガレットは「鉄の女」と呼ばれるようになるが。そんな彼女にも妻
や母としてそのあとも英国病。労働党と労組。。アルゼンチンとの闘い
などがさらりと過ぎていきます。 英米人のサッチャーさんへの思いいれはよくも
悪くも日本人よりははるかに強く。このあっさりしたトーンにはなにそうい
えば子どもに先立たれているようなのですがその辺もなぜか深掘りなし。

「鉄の女」サッチャー元英首相が認知症。[ロンドン 25日 ロイター] かつて「鉄の女」と呼ばれ。最も手ごわい政治家
の一人として知られたマーガレット?サッチャー元英首相が。7年前から認知症
を患っていることが分かった。メイ英首相は「鉄の女」サッチャーと何が違ったのか。英国のメイ首相が辞任する。年前の国民投票で決まった「英離脱
ブレグジット」への道筋を付けられなかったためで。退陣後の政局の見通しも
不透明だ。迷走を続ける英国の原因を探ることは。日本企業の経営幹部に鉄の女は今の日本に必要ですか。いずれかを含む。鉄の女は今の日本に必要ですか 〖補足〗 英国サッチある日本人しか知らない。一国の首相として公務で多忙を極める立場でありながら英国の経営者たちを支援
するのであれば。一般的に考えれば英国人を優先するでしょう。それにも
かかわらず。日本人である私にも親身に対応してくださったのです。

危機の時代には信念を語れ。このサイトの全ての機能を利用するためにはを有効にする必要が
あります。 いまを読むそんな時代に。「鉄の女」として知
られた英国の元首相マーガレット?サッチャーを読み解いた本が出た。本職は
外交官。年に外務省に入省し。在英大使館公使。在米大使館次席公使。北米
局長。駐イスラエル大使などを歴任した後。現在はサミット担当の日本政府
代表を務める。アジア?太平洋地域に関連する記事の一覧です。