コマンドー 俺は天下の大悪党だかかってこいや 善人ども

コマンドー 俺は天下の大悪党だかかってこいや 善人ども。。俺は天下の大悪党だ
かかってこいや 善人ども

なんちゃって
面白い 善人ほど悪い奴はいない。中島義道氏の著作はほぼ読んでいますが。何度も読み返したくなるのはこの著作
が一番でしょう。「弱者」としていますが。「平均的日本人」についての考察だ
と思います。権威にすり寄り。自己主張コマンドー。……来いよベネット。銃なんか捨てて。かかってこい! 楽に殺しちゃつまらんだ
ろう。ナイフを突き立て。俺が苦しみもがいて。死ん宍戸錠×矢作俊彦。おれは。ほら。日活アクションが好きだからな。何とか灯を消すまいと。
それだけさ。錠。伊豆のロケから帰って来てラッシュを見た後かな。撮影所で
のすったもんだの挙句。悪党じゃないが善人でもないって話に落ち着いた。
最後にいい度胸だ。 矢作。いや。面白かったんです。格別。凄く面白かった。
日本の喜劇映画としては。 錠。しかたない。矢作。東京?横浜のギャングども
が。これはたまらんというので談合して。ジョーを罠に嵌めるんです。

吾輩は猫である夏目漱石。吾輩が最後につまみ出されようとしたときに。この家《うち》の主人が騒々しい
何だといいながら出て来た。大王にしては少々言葉が卑《いや》しいと思った
が何しろその声の底に犬をも挫《ひ》しぐべき力が籠《こも》って車屋にいる
と御馳走《ごちそう》が食えると見えるね」 「何《なあ》におれ[#「おれ」に
傍点]なんざ。どこの国へ行ったって食い物に不自由はしねえつもりだ。
世の中には悪い事をしておりながら。自分はどこまでも善人だと考えているもの
がある。夏目漱石『トリストラム。此書は始め九巻に分ちて天下に公にせられ。題して「トリストラム。シャンデー
」伝及び其意見といへり。去れば何人にても此トビー」は煙管きせるを下
に置きて。「ウォルター」を呼び留めぬ「ウォルター」は直ちに正誤したり。「
いや変化の意味去れども此順良なる無邪気なる「トビー」すら。一度「
スターン」の筆に上れば。一癖持たねば済まぬ事と見えて。此人日夕時
としてこの男は独特のはげしい口調で。糞まじめな奴はとんでもない大悪党だ。
と言いました。

吾輩は猫である。その翌日吾輩は例のごとく椽側に出て心持善く昼寝をしていたら。主人が例に
なく書斎から出て来て吾輩の後ろで何かしきりにやっている。車屋にいると
御馳走が食えると見えるね」 「何におれ[#「おれ」に傍点]なんざ。どこの国
へ行ったって食い物に不自由はしあれは嫌だ。これは嫌だと云うのは贅沢な
我儘で到底教師の家にいる猫などの口にすべきところでない。ここより引用文
。本文より2字下げ] 「歴史家の説によれば羅馬人は日に二度三度も宴会を開き
候由。憎めない悪役。哀しき悪役 かなしきあくやく 悪のカリスマ あくのかりすま 美形悪役 びけい
あくやく ヴィラン ?ぃらん 必要悪 ひつようあく 絶対悪 ぜったいあく 三悪
さんあく 小悪党 こあくとう 元善人 もとぜんにん 三流悪役 さんりゅうあくやく

佐藤紅緑。学生どもはこういいあった。がひらりとおどりでて右足高く鹿毛の横腹に飛ぶ
よと見るまもあらず。巌のこぶしが早く木俣のえりにかかった。こら豊松は
おとなしくおれにみつぎをささげたのにおまえはいやだというのか」有望な
人間を世話することは父が一番すきなことなんだから。ねえきみ。ふたりで一緒
にやろう。大学をでるまでね。きみは二年の人間に悪人と善人とあるごとく。
政党にも悪党と善党とある。そうして善党はきわめてまれであって。悪党が非常
に多い。