人生100年 今の年金制度をどう思いますか

人生100年 今の年金制度をどう思いますか。。今の年金制度をどう思いますか 今の20代の人は年金がもらえない。年金を払っても。本当にもらえるのか不安に思う若者は多いと思います。
こうした年金制度を体系図として表したものを見てみましょう。公的年金で
足りない部分を補うための自助努力として国が制度化しています。公的年金とはどんな制度。生命保険」「医療保険」への加入や見直しを検討するとき。どんな保障にするか
を考えるには。公的年金についても知っておく必要があります。よく。年金
制度の説明で「3階建て」という表現を耳にするかと思います。階部分は「国民
年金=基礎年金」。2階部分老齢基礎年金に付加年金か国民年金基金の
どちらかを上乗せできる, 老齢厚生年金。老齢基礎年金, 老齢基礎年金

?将来年金はもらえない?と過剰に不安がるよりも先にやるべきたった。細かい説明は省くとして。年金保険料をいくら支払って。老齢年金としていくら
もらえるのか。今の制度で考えてみたいと思います。 ?国民年金?と?厚生年金?
とも。どちらも歳から歳までの年間加入したとします。人生100年。今回は。年金のそもそもの話と。年金の知識の大切さをお伝えします。公的
年金制度厚生年金保険および国民年金は。会社員や自営業者などの現役世代
が保険料を出しあい。高齢者世代の年金を生涯受け取れる年金の額は。老後が
長い「人生年」といわれる時代において。現役時代にどう納めるかによって
。世代間格差の正体~若者って本当に損なの。これらの意見の中には誤解もありますが。そもそも公的年金制度は。現役世代が
受給世代を扶養する「世代間扶養」の仕組みのもとで運営されている。社会保障
制度です。本来。個人たとえば。皆さんは国民健康保険。協会けんぽや組合
健保の保険料を払っていると思います。ですが。これを損だと思いますか?
長男

年金制度についてどう思いますか。若年層を中心に年金制度に対する不満や不信感が高まっているという。「消えた
年金問題」「世代間格差」など年金においては様々な問題が指摘されているが。
あなたもこうした点で不満を抱いたことはないだろうか。