仙石秀久とは 四国の大名があまり強くないのはなぜですか

仙石秀久とは 四国の大名があまり強くないのはなぜですか 。まず、戸次川の戦いで長宗我部が島津に負けたのは、仙石秀久の指揮がまずかったためです。四国の大名があまり強くないのはなぜですか 四国の大名が強かった印象をあまり受けません
「長宗我部家」が強かったそうですが
武装、鉄砲数、軍馬なども段違いで本土の大名の軍勢を見て
驚いたそうです

他の地方では武田、上杉、北条、織田、豊臣、徳川、三好、
長宗我部、毛利、大友、龍造寺、島津と名うての
戦上手の家があります

対して四国は「長宗我部、十河、一条、河野水軍、西園寺」などが
有名ですがこれらの中で強いのは長宗我部くらいかと思います
ただその長宗我部も「織田、豊臣、徳川」や
「武田、上杉、北条」に「大友、島津」などと比べれば弱いでしょう
とくに島津家にはボッコボコにされています

畿内にも近く、海域もあって武器弾薬も手に入りそうな
ものですがなぜでしょうか

四国の大名があまり強くない理由を教えて下さい 仙石秀久とは。出生~大名 。斉藤氏に仕えていた豪族?仙石久盛の男として
美濃国加茂郡黒岩現在の加茂郡坂祝町で生まれる。さらには年四国
攻めの論功行賞により讃岐万石うち万石は十河氏領を与えられた。
例えるのも難であるが。1店長から数年で地方の統括を任されるようなもので。
もはや給料が増えたというレベルではない。物語の展開上あまり目立た
なくなってきている特に部の一統記が。紀州征伐から始まる部の『
センゴク権兵衛』で描か

1位~10位編「国民10万人がガチ投票。戦国大名総選挙」のランキングはこちらをチェック? ////
/関ヶ原の戦い② 石田三成はなぜ敗れたのか小和田泰経 //
//ちなみに。家中軍法の最後には。信長への強い感謝が記
されていますが。なんとこれは謀反の年前に書かれたものなのです ②部下思い
の優しい男甲斐の国を守るために他国を攻めていったのではないかと推察され
ました。江戸城が現役のお城で。見学ができるってご存知ですか?《信长之野望13天道》各水准的推荐大名。龍造寺と同盟を結ぶイベントが起きるが。余り旨味は無いので発生する前に
落としておきたい周囲の勢力があまり強くないので。武田家への抑えとして
村上家を残しつつ同盟を結んでもいい他を打倒するのが上策か。十河か
岸和田さえ落とせば四国への補給を絶てるので長宗我部は盛り返してくれる。
て徳川をとれば前線にしか兵を置かない織田のがら空 き清洲やらを取れます。
徳川が織田に援軍要請しますがなぜか織田は動かないのでそん なに難しくない
です。 国替大名

暫定版『信長の野望?大志PK』強さを実感できるおすすめ志5。志が弱い大名は。強い大名に吸収されていくだけの運命です。 ということで。
西海の主」の強さ。使いやすさ。汎用性は異常で。なぜ毎回。長宗我部が豊臣を
蹴散らして四国どころか近畿まで攻め込むのか。 その理由が戦国四国覇者のライバル?安芸国虎~元親を追い込みながら自害で。全国的には知られてないけど。ある地域ではバツグンの知名度を誇る戦国武将」
というテーマでお送りしております。今回ご紹介するのは。レペゼン高知県
安芸市の「安芸国虎あき くにとら」さんです!土佐国 とさのくに の戦国
大名というと長宗我部家がダントツ有名。四国戦国譚なぜ名門一条家は
土佐に下向した?のおうじ 後の天智天皇と 中臣鎌足 なかとみのかまたり
のクーデターにより。滅亡した一族というイメージが強いかと思います。

四国の覇者:長宗我部元親土佐一国から四国統一を目指した男。そのなかでも四国地方で名を轟かせたのが。戦国武将?長宗我部元親ちょうそ
かべ?もとちかです。元親は美濃の斎藤氏と姻戚関係を結びながら。土佐
国司で公家大名の一条氏とともに土佐豪族?本山氏を攻撃。この事件は四国
攻撃軍の渡海予定日に起こったことから。元親との対立が本能寺の変の原因では
ないかともいわれています。また『土佐物語』には。なぜ四国の覇者を目指す
のかという質問に対し。「家臣に十分な恩賞を与え。家族が安全に

まず、戸次川の戦いで長宗我部が島津に負けたのは、仙石秀久の指揮がまずかったためです。そして、長宗我部はもともと6000石ほどの小さな国人領主からの出発で、勢力を拡大した頃には、超巨大化した毛利、織田、豊臣などに対して絶対的に規模で負けていました。例えば、四国出身の大名で勢力拡大した例は、三好家が挙げられます。徳島の西の山間部の大名ですが、近畿に進出し一時機内を制圧しています。四国が弱いとすれば、平地が少なく、海に囲まれた環境で限られた人口しかいなかったからかもしれません。阿波を本拠地とする三好長慶は最盛期には12ヶ国を支配してますが…普通に武田や上杉より強いですよ村上水軍とかいっぱいいるわ。ちゃんと勉強せえ。