価電子の説明がよくわかりません 化学基礎のイオン化エネル

価電子の説明がよくわかりません 化学基礎のイオン化エネル。そうです。化学基礎のイオン化エネルギーについて質問です 同族元素同士のイオン化エネルギーを比較したら、原子番号が大きいほど原子核から最外殻電子までの距離が遠くなるため、電子に対する陽子の引きつけが弱くなってイオン化エネルギーが小さくなると参考書に書いてありました しかし自分はこれを見る前、同族元素において原子番号が大きいほど陽子の数も大きくなるからイオン化エネルギーは大きくなると思っていました 自分の子の考えが間違っている理由は、 イオン化エネルギーにおいて最外殻電子と原子核の距離の方が陽子の数よりも重要な事項になっているということですよね 化学講座。このグラフで覚えておいてほしいのは。同一周期内で比較するとハロゲン元素の
電子親和力が極大になり。希ガスは非常に小さくなる事です。これは結構問われ
ますが。大雑把に第一イオン化エネルギーと同じような傾向。という風に覚えて
いる

価電子の説明がよくわかりません。行目に?内側の電子殻にある電子に比べて原子核からの引力が弱いために,やや
不安定でエネルギーが高い。?質問の確認 ?価電子が同じ数の原子どうし
は化学的性質がよく似ている。 ?内側の電子殻にある電子に比べて原子核からの
引力が弱いため◇1族の元素の原子はどれも価電子の数が1個ですが,この
うち,,,, はどれも金属元素で,1価の陽イオンになりやすく,
酸化化学的な性質がよく似た元素については,周期表で覚えておくといいで
しょう。例題。③ 原子の第一イオン化エネルギーは,原子番号の増加とともに, 周期的に変化する
。数が等しい原子は,質量数が異なっても, 周期表上で同じ位置を占める。 $⑤/
$ 遷移元素の価電子の数は,族の番号に一致する。 高校 化学基礎 質問内容

そうです。なお、より正確には、内殻電子による遮蔽というものを考えないといけません。どういうことかというと、重い原子になると、内殻に電子が増えますので、最外殻電子と原子核の引き合いに加えて、最外殻電子と内殻電子の反発が生じますから、より最外殻電子がはじき出されやすくなります。