楽譜出版社の違い クラシックの演奏者の違いってなんでしょ

楽譜出版社の違い クラシックの演奏者の違いってなんでしょ。音大芸大にはピアノが上手な人がヤマほどいます。クラシックの演奏者の違いって、なんでしょうか 皆さん、幼少期から、訓練をされてきて、芸術系の学校に通い、何年も何十年も練習されてきた方ばかりだと思います それでも、コンテストで1位になったり、もっと言うと、何十年も愛される名盤を残されるような演奏家さんがいらっしゃいますが、何が違うのでしょうか スポーツなら割と数字化できる部分も多いような気がしますが、音楽はそう単純には行かないと思ったりするのですが ご回答よろしくお願いいたします 楽譜出版社の違い。突然ですがピアノでクラシックの曲を弾くとき。皆さんはどの出版社の楽譜を
選んでいますか?実は出版社によって楽譜私自身も具体的に演奏法を知りたく
て。原典版と校訂版を見比べてみたことがあります。指番号を振る

「先生。その他にも作曲家の年代。演奏される編成。テンポの変化。表現。即興など。
どれをとっても決定的に違いを見つけることが近年困難になっている。 それでも
。人はなぜか物事を分類して頭の中をすっきりさせようとしたがる「『音大生』が卒業後に『プロの演奏家』として羽ばたくためには。宗次ホールがすすめるアウトリーチ活動①。「クラシック音楽届け隊」第
回から第回は演奏家の先生方の講義で。演奏者の立場から。卒業後にプロの演奏
家として羽ばたくために必要な準備やスキルについてお話された結果。
どうなるかというと。やはり演奏活動を止めていってしまうという方が非常に
多いように思います。なぜかというと。自分がボランティアでやったら音楽家
全体がそういう状況になってしまうと。年近く演奏技術を磨いてきて。何で
タダなの?

即興演奏とはいったいどのようなもの。この連載では。ジャズや民族音楽。またいわゆる西洋クラシックにおける事象も
含め。鍵盤楽器。あるいは鍵盤楽器を伴った即興演奏を中心に。音楽における
即興表現にはどのような内容や行為があるのか。その多様性を知っていただき。
できるだけ多くの皆さんに即興演奏の大きな影響を与えてきたために。即興
演奏を含む演奏者の自由度が大きい音楽として展開されてきています。豆知識。クラシック音楽ってなんだか難しそうだし,ましてやオーケストラなんて…
オーケストラの基本的な仕組み楽器編成などは,どこのオーケストラでも
それほど違いはありません。実際に,同じ曲でありながら,かなり聴いた印象
が違う演奏をここにご紹介しますので,ぜひ皆さんの耳で確認してみてください
。管楽器の人は1人1台の譜面台を使っていますけど,弦楽器の人はなんで2
人で1台の譜面台を使っているんですか?弦楽器奏者の人数の例を挙げてみま
しょう。

クラシックコンサートへようこそ。を見せます。 これほどまでに松田さんを感動させる。クラシックコンサートの
魅力とはどのようなものなのでしょうか。皆さんの記憶にもあるかもしれませ
んが。音楽室に飾られている作曲家の肖像は。立派なカツラを被っていますね。
このように。指揮者の違いで同じ楽曲が変わるように。それは。演奏者である
オーケストラやコンサートホールの違いでも変化するそうです。演奏家によって再現される芸術。ナマとCDの違いかなあ。と思いながら。よく見ると演奏家の名前が違っている
。とまあ。クラシック曲の演奏をめぐって。こんな経験をした人が。もしか
したらいるかもしれない。同じプレストを違って演奏することになる裏側の
要素。すなわち彼らがスコアを通して見ている別のものとは。一体何であろうか

音大芸大にはピアノが上手な人がヤマほどいます。みんな本当に上手なんだけど、ピアニストとして成功する人は極めて少ないです。ナニが違うのか?????「生き方」だと思う。その人の選択肢の中にピアノと同じくらいの価値の選択肢があれば、その道を選ぶ可能性が高い。最終的にピアノを選び続けた人、ピアノ以外を選ばなかった人、ピアノを選ぶことができた人が、ピアニストとして残れる。その過程は、その人の「生き方」だと思う。彼らが幼少期から、管打楽器なら中学生ころからずっと練習してきて楽器と己が一心同体にもなっているというのは確かだと思う。だから我々素人にはなかなかその感覚が掴めない。そこで私たちでもよくわかる例として日本語を挙げたい。私たちはそれこそ幼少期から日本語を使いこなし、今や自由自在に操れるようになっている。じゃあ、皆使いこなせるならそこに差異はないかと言えば全くそんなことはあり得ない。みな一様に日本語を使いながら声質、間合い、抑揚、音量など千差万別、10人いれば10通りの個性がある。まったく同じ文章を読ませてもそれぞれ異なった個性が出てくる。そしてそれを聞いて「きれいだ」とか「きたない」とか「優しい」とか「冷たい」とかの感想が聞き手の好みに応じて生まれるのも経験済みである。これが例えば外国語だとどうだろう。習い始めでやっとこさ読めるような言語を話している自分を想像してほしい。おそらくは単語を思い出いたり、文法にあてはめたりするのがやっとで、個性を発揮するゆとりなどないに違いない。皆同じような棒読みになるに違いない。言語を自由自在に、あたかも肉体の一部位同様に使いこなせるからこその個性であり、これは出そうと努力しなくても自然とにじみ出てくる「体臭」のようなものと言ってもよいだろう。これがツールを使いこなせるようになった者の特徴であり、言語でも楽器でも同様のことが言える。私たちはみな「日本語のプロ」である。だから話し手の微妙な個性の違いを聞き取り、感じ取り、それらについて様々な感想を持つことができる。しかし楽器についてはまさに素人であり、幼少期から日に何時間も楽器を使い続けてるプロほどその個性に敏感になれないのは仕方ないところである。ちょうど英語や独語、仏語などの意味まではわかっても話し手の個性を鑑賞する域までは達しえないのと同様である。ここまで来ると「皆同じ楽譜をもとに同じ楽器で演奏しているんだから同じでしょ?」という判断は聞き手の経験値の浅さゆえのものであり、音楽を聴き込んで一心同体とまでは行かなくても半心半体くらいにまで突き詰めれば違いが自ずとわかるようになってくることは理解できると思う。あとは音楽にどれだけアプローチするかのライフスタイルの問題になってくる。私の場合、例えばコーヒーの味には大してこだわりは持ってない。インスタントでも飲める。つまり「コーヒーというものにそうまでしてアプローチしたいとは思わない」というスタイルで生活しているから岩城宏之のような「違いのわかる男」にはなれないだけの話であってある日コーヒーに開眼し、積極的にアプローチしていくようにもなればゴールドブレンドのCMにも出られるようになるかも知れない。そして何が違うのか?についての疑問は音楽と半心半体になったとき説明不要でわかってくる。それまでは何を言っても実感としては湧いて来ないだろうし、むしろ内的現実を醸成することなく単なる代替物でしかない言葉によってのみその「違い」「おもしろさ」を先行体験してしまうのは妙な先入観が芽生えるだけであるからお勧めできない。ということで結論百聞は百聴に如かず。一聴じゃダメです。少なくとも半心半体くらいにまで達するには百聴、千聴、万聴はしてください。1.楽譜は脚本で演奏者は俳優です。天才子役から名俳優になる人もいれば、消えてしまう人もいます。2.ゼニとコネ明らかに下手な役者もいる俳優業界とは違って、演奏家は演奏がうまくて当たり前な世界なので差がつくのは資金とコネだと思います。売れない役者は公演の経費は自腹なうえチケット販売ノルマがあるように、クラシックの演奏家や演奏団体も自腹で演奏会を開いたりします。ということで、演奏家はパトロン出資者に支援されるとか、音楽事務所に所属することで演奏会の経費を負担してもらってようやく継続的に演奏活動ができるのが実情です。いまや才能があればパトロンになってくれる人や団体が現れると思ったら大間違いで、自分から行動してパトロンを捕まえられるかどうかが運命の分かれ道だと思います。音大の先生でも素晴らしい演奏をする人は大勢いますが、学校は給料は出すだけですからね。あとコネも大事で、マスコミやレコード会社の人とコネがあると継続的にテレビ出演できたりCDを出せるので、売れているように印象づけることができますし、PR効果もあるので実際に売れます。※ゼニとコネの例ウィーンフィル:トヨタ自動車世界最強のパトロン辻井伸行:テレビ朝日母親が社員清塚信也:トライストーン?エンタテイメント所属小栗旬の事務所あと旦那さんが資産家という女性演奏家が大勢います。天才的な素質を持って生まれ、大変恵まれた音楽環境の中で育ち、すぐれた指導を受け、大変な努力を積み重ね、さらに強運に恵まれ、敏腕マネージャーが付き、以下略。要するに、何もかも違うとしか言いようがありません。なお、そうした一流音楽家は、学校に入る前にすでに一流の演奏家としてデビューをしているので、学歴やコンクール歴はあまり関係ありません。才能、音楽的才能だけじゃなく、聴衆に愛される人柄とか、その人が音楽に対してどれだけ深い理解を持っているか、音楽活動についてなにか哲学を持っているか、あとやはり本番でなにかステージからほとばしるエネルギーのようなものを発している人はみなの記憶に残ります。そういうオーラのようなものがあるかないか、もあると思います。技術屋やボクサーでも同じです。まったく違います。才能なんです。