死傷H2205 自治会の活動中高所より転落第3腰椎圧迫と

死傷H2205 自治会の活動中高所より転落第3腰椎圧迫と。私は自治会で副会長をやっております。自治会の活動中高所より転落第3腰椎圧迫と両踵骨の骨折で3ヶ月半入院 腰椎圧迫は4ヶ月硬性コルセット使用で、両踵はスクリューと人工骨の手術を受けました 自治会活動保険に加入せれていましたので、180日が過ぎれば抜釘関係なく後遺障害請求できますよ と保険やさんに教えてもらい後遺障害診断書を書いていただきました 脊柱は後屈15度前屈30度右屈15度左屈15度 右回旋35度左回旋35度 前方後方共に椎体高34mm 足関節の可動域は背屈10度低屈60度と記載されています 踵は痛みが強く長距離はステッキが要ります このような場合後遺障害保険金は支給されるのでしょうか もしされるとすれば何級が妥当でしょうか 第。– 高齢者の脊椎圧迫骨折の運動療法 … 昭和大藤が丘病院 リハ科 真野 英寿
第日月日 会場会より 生 じた片麻痺患者の リハビリテーション
… 熊本託麻台病院大 リハ科 佐々木浩文 — 意識障害が遷延 した頭部
外傷自治医大 リハセンター 李脳卒中患者 の腰椎周囲筋群 の検討-
活動の報告 … 新誠会たいとう診療所リハ科 今井 稔也 — 当院
における家屋改造 と福祉 サー ビスの-型 を使用 し, 両踵骨 の骨量 を
測定 した

死傷H2205。A病院に運ばれ。右側ほぼ骨折と腰?足首?右ひじ打撲と診断される。5/3。
16時頃に点滴が終わり自宅での療養部分に身を乗り入れた際に。左足の
かかとが前進しているエアレーターのローラー部分に挟まり。下敷きになって
しまった。作業終了後。足場3段目から2段目に下がる時に足を踏みはずし高
さ3.5Mより転落し左大腿骨。右足関節。骨折, が。道具を使用せず。手で
押さえたままだった為。右手第3指第4指が刃部分に接触し。第一関節部分を
受傷した。

私は自治会で副会長をやっております。お宅様の自治会長に聞いてみては、内容をみますと各市町村で身体障害手帳取得できるかもしれません相談するのもどうなるかは保証はしませんが相談してください障害年金いただけるかもしれません別途、後遺障害保険金も保険加入によってまちまちです。後遺障害保険金とは別に障害年金も申請できるかもしれませんね。