民主主義の原則 民主主義国家には賢い国民が10%しかいま

民主主義の原則 民主主義国家には賢い国民が10%しかいま。上記リンクなんかを見ると、同世代の中で難関国立大?準難関国立大?難関私立大?GMARCH?関関同立?その他難関+医学部で同世代人口の約11。民主主義国家には、賢い国民が10%しかいません

私を含め、こんなにも愚かな国民に民主主義は贅沢であり、故にとても残酷な制度としか思えません 今まさに、国民共は娯楽に狂い、批判的思考や分析力を失い、結果的 に混乱を招くも、文句を垂れる そして、国民が愚かな原因の80%は遺伝因子であると

こうなったら、いっそ事実上民主制廃止でベーシックインカム導入からの新型貴族制(血統主義でない高知能集団による国家支配)の施行か、個人間の知能差を未知の科学技術と新たな倫理的立場を持って極限まで縮める(知能を上げつつ標準偏差を極限まで下げる)など、革命的なものが必要なのでは 桜井食品。//金 何がための格闘儀か!戦後日本が民主主義という名目の元に
無くされたのは何か?当時。に定められたプレスコードなどは。体裁程度
にしか未だに変わらない賢い民度の高い国民がいてこそメディアも育つのです
。これが終戦時ghqの正体であり。このことを知る日本人はあまりいません

民主主義の原則。独裁制とは異なり。民主主義政府は。国民に奉仕するために存在する。しかし。
民主主義国の市民も。彼らを統治する規則や義務を遵守することに同意しなけれ
ばならない。民主主義国は。国民に多くの自由を与える。その中には。政府に
反対民主主義をめぐるワースト10。米大統領選。英離脱。ポピュリズムにナショナリズム。これらの出来事から
民主主義の終焉を感じる人もいれば。「政界のエリート」の意向に反して。市民
が「本当の国民表決」を下したと見る向きもある。いずれにして「民主主義の暴走」をくい止めよ。日刊建設工業新聞 所論緒論年 月日 「民主主義の暴走」をくい止めよ
藤井 聡 日本の現政権の中心政党の名称は「民主党」であるが。この言葉の意味
を考えたことのある読者はどれくらいおられるのだろうか。 そもそも「党」
という

ユヴァル?ノア?ハラリ。イスラエルの歴史学者ユヴァル?ノア?ハラリ氏と。最先端のコロナ対策で一躍
世界の注目を集めた台湾の推進大臣。オードリー?タン氏。私が個人的に今。
最も注目している二人の知の巨人だ。この二人によるや民主主義第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。文明国をアピールするためには。戦中日露戦争においても言論の 自由を露骨
に抑庄することはできませんでしたが。この事件年月 の日比谷焼き打ち
事件。国民の政治に対する意識や行動の高まりと。そ れを利用しての政府による北朝鮮。北朝鮮で日。国会にあたる最高人民会議の代議員選挙が実施された。国民が
投票に参加するのは必須で。有権者は候補者を選ぶこともできない。

上記リンクなんかを見ると、同世代の中で難関国立大?準難関国立大?難関私立大?GMARCH?関関同立?その他難関+医学部で同世代人口の約11.7%となっており、10%というのはそういうランクと考えれば妥当ではあります。もっとも、東大にも単なる「勉強がやたら得意なアスペルガー」みたいな人はいるでしょうし、どう見ても賢いと思われるバルミューダ社長の寺尾玄は学歴的には「中卒」です。駅弁大学?四流大学?芸術系大学なんかの中にも賢明な人はいるでしょう。などと考えると、簡単には言えなくなってきます。が、いわゆる難関大の「能力的落ちこぼれ」と、それ以外の場所からの「能力的成り上がり」は、人数的には実はそんなに変わらないような気もします。フィーリングですが。そう考えると、結局賢明な人は人口の1割程度かも知れません。一般的に言われる「2割8:2の法則」や「3割」と言うのは、「仕事上活躍できる人」と言う定義であり、「天下国家を論じて主導できる人」と言う意味ではありませんから、対象を社会まで広げると、1割と言うのは説得力があると思います。ただし、それでも民主主義は廃止すべきではありません。民主主義は究極的には「結果を被る人々に了承を得る」制度であると思います。まあ実際はいちいち全部聞くわけじゃないし、結果的にあるいは意識的に重大な決定を勝手にやる場合も多いですし、そうしないと話が進まないし、全部聞かれてもみんながみんなまともな判断ができるわけじゃないので衆愚政治に陥るのは明白ですが、それでも「方向性」だの「権力者」だのを選ぶ権利は保証されていないと、われわれは「政府に飼育された家畜」になってしまいます。何処から10%って数字が出てきたのでしょうかね?基本的には組織でもなんでも3割と言うのが一般的ですね。