現金の正しい送り方は 普通郵便封書に現金を入れると ルー

現金の正しい送り方は 普通郵便封書に現金を入れると ルー。郵便局元中の人です。普通郵便、封書に現金を入れると
ルール違反ですか、
処分はどうなりますか
没収 罰金 お目こぼし 現金書留郵便の出し方現金封筒。郵便局から現金そのものを郵便で送るための「現金書留」の出し方です。現金
書留用の現金封筒詐欺犯がレターパックや普通の郵便で現金を送らせる指示を
しますが郵便法違反となります。 現金書留封筒を購入し。その封筒内に現金及び
封入物を入れ糊付けし封緘印を押して郵便局窓口から発送します。現金書留の
控えと商品券?プリペイドカード等の金券は現金書留で。商品券?プリペイドカード等の金券は現金書留で送らなければなりませんか?
現金書留で送ることはできません。 現金ではございませんので。一般書留または
簡易書留で送ることが可能です。ただし。現金と同封であれば現金書留として
送付

現金の正しい送り方は。そんなとき。物ではなくお金を送る方法として知っておきたいのが「郵便局で
送金する方法」です。 送金する機会が減っしかし。これは法律違反です。 各
宅配業者や郵便局注意しましょう。 現金封筒にはあくまで気持ちを示す最低限
のものを同封し。普通の手紙などは別便で送るのが良いでしょう。郵便為替の
手続きを終えたら。証書を封筒に入れて送ります。 郵便為替は普通普通郵便で現金を送ったり。ただし。事故った場合はたとえ封筒の中にウン百万円が入ろうと。ウン千万円が
入ってようと。郵便法違反ですが。実際に逮捕され有罪になった例があるかは
専門家ではないので知りません。現金を普通郵便に入れて送ったら送った現金
は「没収」でしょうか?一般の郵便で封筒に円や円などの硬貨枚か
2枚くらいを入れて発送することは郵便のルール上やはり

宅急便やゆうパックでは送れない。法」で決められている。もし普通郵便で送ると。それほど重い罪にはならなく
とも法律違反になることには変わらない。現金書留の封筒の料金 現金書留を
送る際は。まず郵便局で現金封筒という専用の封筒を購入する。「知らない」では済まされない。いつも何気なく送付している郵便物ですが。実はやってはいけない事が沢山
あります。封筒に住所などを記載する際。郵便番号の頭に「〒」マークを書い
たりしていませんか?普通郵便で現金を送る行為は郵便法条違反となります
が。その行為そのものに罰則が定められているわけではたった数百円の為に
リスクが大きいですし。基本的なマナーとルールは守りましょう!

普通郵便封書に現金を入れると。

郵便局元中の人です。mar********さんの回答であっています。今は普通郵便に現金を入れて送ろうとしても区分機が反応して当該郵便物は処理できない仕組みになってきています。特に硬貨は確実にはねられます。余談ですが、郵便切手に細工して再利用する手口もありまして、こちらは郵便法第85条第1項違反に問われます。現役当時、中学高校生を中心に、数名摘発して、当時郵便の警察と言われた郵政監察局に突き出した経験があります。郵便法第八十五条切手類を偽造する等の罪 行使の目的をもつて会社又は外国の郵便切手その他郵便に関する料金を表す証票又は郵便料金計器郵便に関する料金の支払のために使用する計器であつて、郵便物又は郵便物にはり付けることができる物に郵便に関する料金を表す印影を生じさせるものをいう。以下この項において同じ。の印影その他郵便に関する料金を表す印影を偽造し、若しくは変造し、又はその使用の跡を除去した者は、これを十年以下の懲役に処する。偽造し、変造し、若しくは使用の跡を除去した郵便切手その他郵便に関する料金を表す証票若しくは郵便料金計器の印影その他郵便に関する料金を表す印影を行使し、又は行使の目的をもつて輸入し、他人に交付し、若しくはその交付を受けた者も、同様とする。2 前項の罪は、日本国外において同項の罪を犯した者にも適用する。はい,ルール違反です保険がきかないので,事故があっても保証がありません郵便法違反となりますので、そのまま配達されていない場合は通知が送られ郵便局での立ち会いによる内部確認になります当たり前の、つまらない回答ばかりなので。札なら、まずバレません。硬貨でも、しっかり固定すれば、まずバレません。ルール違反です。郵便法という法律に違反します。郵便法第17条です。第17条 現金又は郵便約款の定める貴金属、宝石その他の貴重品を郵便物として差し出すときは、書留第45条第4項の規定によるものを除く。 の郵便物としなければならない。現金を普通郵便で送るという行為自体に処分や処罰はありません。受取人が郵便局に呼び出され、局員の目の前で開封作業を行い、現金が入っていたら手数料を支払い受け取ります。せいぜい、今後気をつけてくださいと注意がある程度ですね。すぐに処罰があるというわけではありませんが、本来は現金書留として送らなければならないものなので、何度も故意的に送っていたりすると、郵便法に違反する可能性もあります。郵便法84条1項です。「不法に郵便に関する料金を免れ、又は他人にこれを免れさせた者は、30万円以下の罰金に処する。」こちらは罰則が決められていますので、その通りに処分されます。長年郵便局に勤めていましたが、そんな人見たことないですけどね。こういった法律がある以上可能性としては無いとは言い切れないでしょう。普通郵便に現金を入れるのは、万国郵便条約という国際ルール違反にもなりますし、郵便法違反にもなりますが、罰則刑事処分、行政処分がないので、厳重注意までに留まります。基本的な回答は、前の方が回答してる内容ですが、もしバレた場合。「原則、受取人さんに対して、受取人さん側の配達担当郵便局から、呼び出しが掛かる。ただ、差出人さんの住所や名前が、書いていて、投函した郵便ポストが、地元の配達担当郵便局の受け持ちであって、この郵便ポストから、取り集め時にバレた場合は、地元の配達担当郵便局が、差出人さんに呼び出しを掛ける」と、言う事だそうです。ちゃんとバレる場合はいい方で、お金だけが抜き取られたとか届かなかったという投稿をたまに見ます。原因はナゾですが…