第三十四回 エホバの証人がクリスチャンであるかどうかは人

第三十四回 エホバの証人がクリスチャンであるかどうかは人。エホバの証人では「聖書に禁止事項として存在している」と解釈しているようです。エホバの証人がクリスチャンであるかどうかは人によって判断が違いますが、彼は柔道をはじめ武術は行いません どうしてでしょうか エホバの証人。鞭でしつけをされる二世など。その教えの特徴。葬儀をしない死生観とは一体 …,
一部ではカルト教団だと言われていますが。清潔感があり信仰に真面目な人が
信者に多い事で有名です。外国の好青年や近所のおばちゃんが自宅エホバの証人。でスティーブ ツカラス, 藤原 祥隆のエホバの証人 カルトかクリスチャン
か? 歴史と聖書による分析。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入
いただいた電子書籍は。および端末。スマートフォンやタブレットなど
。第三十四回。まず。エホバの証人というのは。プロテスタント?カトリック教会その他宗派系
のいずれにも所属しないキリスト教系の団体で。神が天と地を支配する「神の
王国」の確立を支持している団体である。日本においては約万人の伝道者が
活動し

エホバの証人では「聖書に禁止事項として存在している」と解釈しているようです。エホバの証人たちにとっては、「ものみの塔の統一体」の指示が絶対なのです。反抗したら即除名とされます。彼らの魂は「ものみの塔の統一体」に吸い取られているのです。「ものみの塔の統一体」が武術をするなと言っているので、是非もなくそうしているのです。彼らは、イエスキリストという真の神でなくサタンの会衆「ものみの塔の統一体」に魂を抜き取られた哀れな人々です。彼らは自分の頭で考えることができません。ロボットです。自分で考えたら、「ものみの塔の統一体」から除名されるのです。彼らにとっては、これが一番恐ろしい裁きなのです。あぁ、恐ろしい。武道や柔道をスポーツだと考えず、軍事訓練だと勘違いしているみたいですね。争いは避けるようにとの記述が聖書にあるからです。はたして柔道などの武術が争いと言えるのかどうかわかりませんけどね。彼らには、戦争やケンカと健全なスポーツとの区別がつかないのでしょう。なぜ武術を行わないのか。武術を争いだと思っているからなのでしょうか。新約聖書テモテ第二2:24-25主のしもべが争ってはいけません。むしろ、全ての人に優しくし、よく教え、よく忍び、反対する人たちを柔和な心で訓戒しなさい。やってもやらなくても良いですよね。趣味だし。信教の自由もあるし。