西川社長辞任 西川日産社長も有価証券報告書虚偽記載で逮捕

西川社長辞任 西川日産社長も有価証券報告書虚偽記載で逮捕。逮捕されませんよ。西川日産社長も有価証券報告書虚偽記載で逮捕すべきではないのでしょうか 社長として長年放置したのですから 「役員がこの件を知ったのはつい先ほど」日産?西川社長:朝日。役員がこの件を知ったのはつい先ほど」日産?西川社長
カルロス?ゴーン会長の逮捕を受け。会見する日産自動車の西川広有価証券
報告書に虚偽記載があったということは。粉飾決算ではないか。 「これは粉飾
というより。本来記載すべきことが記載されていなかったということだ。その
部分が適正日産ゴーン会長らを金商法違反容疑で逮捕。11月19日。東京地検特捜部は。日産自動車会長のカルロス?ゴーン容疑者
写真と同社代表取締役のグレッグ?ケリー容疑者の2人を金融商品取引法違反
有価証券報告書の虚偽記載の疑いで逮捕した。この点に関連し。西川社長
は。1報酬額を減額して有価証券報告書に記載した。2目的を逸脱し。同社
の投資資金を使って一方。西川社長自身の責任については。猛省するべき点が
あるとしたうえで。今は社内を沈静化。安定化させ。会社を正常な

日産?西川廣人社長の不正受領問題。役員報酬の不正受給が判明し。辞任する西川廣人社長写真。/アフロ細野
祐二。会計評論家日産この役員報酬が不正なものであることは異論が
ないが。問題はこの不正受給が西川氏の故意に基づくものかどうかにある日産
ゴーン事件では。役員報酬に関する有価証券報告書虚偽記載罪。並びに。
サウジアラビアルートと特捜検察は。一民間自動車会社の内紛に刑事司法
をもって介入したばかりに。秋霜烈日たるべき法の適用を自ら歪めてしまった西川氏「不起訴相当」で。。日産自動車の元代表取締役会長カルロス?ゴーン氏及び同元代表
取締役グレッグ?ケリー氏が逮捕?起訴された金融商品取引法違反有価証券
報告書の虚偽記載について。日産自動車代表取締役社長

日産?西川社長「事実上の解任」その裏側にあった「役員たちの。日産自動車は日。西川廣人代表執行役社長兼が月日付で辞任すると発表
した。ゴーン前会長も。自身の役員報酬を有価証券報告書に過少記載した疑い
で金融商品取引法違反容疑で逮捕された後。特別背任事件に発展した。ただ。
ゴーン氏の虚偽記載については報酬を隠すための意図的な工作があり。それが
刑事事件につながり。司法の場で白黒の決着がつく。これに対して。西川氏は
意図して報酬のかさ上げをしていたわけではないとされ。違法性はないと見
られる。ゴーン国外逃亡で考える。世間では「給料をごまかして逮捕された挙句に国外逃亡したとんでもないヤツ」
と認識されていると思うが。実際はそのような単純な話ではない。なぜゴーン氏
つまり虚偽記載が事実であったとしたら。ウソの書かれた有価証券報告書の「
提出の責任者」は西川氏だ。 年月ににもなる。これに故意がなかったか否
かを検察が逮捕して調べない事がどれだけ異常かを認識するべき。

日産西川社長の“デタラメ”を許してよいのか。月日の日経朝刊一面トップの「年転機。日産ゴーン会長に全権『あの時
。議論すべきだった』」題する記事…記事では。ゴーン元会長についての「
不正」の情報を検察に提供してケリー氏とともに逮捕させ。二人の代表取締役
西川氏ら日産経営陣の行ったことを「策略であり。反逆だ」と主張するゴーン氏
に対する反論にも全くなっていない。年から社長を務めている西川
氏は。ゴーン氏。ケリー氏が。有価証券報告書虚偽記載で起訴されて朝日が報じた「西川社長。ここで注目されるのが。「直近3年度分」の有価証券報告書虚偽記載の事実
についての刑事処分だ。たゴーン氏「直近3年分再逮捕」なら“西川社長
逮捕”は避けられない ~検察捜査「崩壊」の可能性も。この点について。
本日の朝日新聞朝刊は。ゴーン前会長に支払うべき報酬額との差。日産社長は
認識との見出しで大きく報じている。証券報告書作成?提出義務者の西川氏
には成立しないとする「珍妙な理屈」は。凡そ通用するものではない。

西川社長辞任。日産自動車の西川さいかわ広人社長兼が。今月日付で辞任した。
昨年月。金融商品取引法違反有価証券報告書の虚偽記載の疑いでゴーン前
会長が逮捕されたことを受けて開かれた西川社長の記者会見。会社として
断じて容認できる内容ではない」「私自身。日産のリバイバル以降。全身全霊を
入れて日産の前進に力を注いでき日産の今後は極めて不透明と言えるが。今回
の醜聞はどのような影響を及ぼし。同社はそれにどう対処すべきなのか。

逮捕されませんよ。前から計画してた事なので、役員も確かちょい前に変えてるし、とりあえずゴーンを悪役にして。マスコミもグルです。どちにしても、ニッサンはつぶれます。ルノーみたいに裏切られたくないので、今度は世界中どこのメーカーも助けてくれません。殿を売る家臣みたいなものでしょうか。しかし社長を売る専務もしくは副社長って感じですかね、こんなのが、同じ組織のNo2だったら、怖いですね。まさしく、西川社長は、現代の明智光秀ですね、ニッサンの名前はあと10年後に完全になくなり、西川社長はニッサンをつぶした歴史上の人物になります。まるでローマ皇帝ネロのように。当然その内容に目を通しているはずですから「可笑しい」と指摘できたはずですね。それとも会長の威力で言い出せなかったのでは。此の日産騒動は内部告発の様相が強いですね。辞めるような気がします。刺し違えても経営統合はさけたかったのではないかと。