関数項級数 関数項級数Σ∞n=01^n×x^n+1

関数項級数 関数項級数Σ∞n=01^n×x^n+1。r<1。関数項級数Σ∞n=0 (( 1)^n)×(x^(n+1))/(n+1)が区間【0,1】で一様収束することを証明したいのですが書き方がわかりません
log2=Σ∞n=0 (( 1)^n)×(x^(n+1))/(n+1)になることを活用することはわ かるのですがどう活用してどう書くのかが全く検討がつきません
誰か教えていただけませんか 極限関数を求め。1。=/+-^ -∞∞ で定義される関数列{fn}の極限関数を求め
。 一様収束か判定せよ。 2。[,]上の関数項級数Σ=~∞{^/+^^ –
+^/++^^ } の極限関数を求め。一様収束か判定せよ。 /
/ 回答 _; ベストアンサー率% / の収束は
→-∞ で一様でないけれど。 任意の実数 について > で一様

log2に収束する交代級数の証明。交代級数 交互に足し引きしていく級数のことを,「交代級数」や「交項級数」
などと言います。この に収束する無限級数は,最も有名な交代級数です
→∞∑=+=→∞∑=+=∫+=関数項級数。関数項級数 Σ≧ は で絶対収束するという。 = で定義された複素数値
関数 = – – を第項とする関数項級数を ベキ級数 もしくは 整級数 と
いい。通常 Σ≧ もしくは Σ=∞ と書く。 次に 上関数項級数Σ[n]sinnx/nの二通りの求め方。いきなりですが問題です。みなさんは次の級数の値がいくらになるか分かります
か? $$ /_{=}^{/}/{/{}}{} $$ 正解は // /{/-}{} /
です。これは。次の関数項級数に関する等式から従うことが

級数とは。数列{}について。初項から第項までの和について。→∞としたときの極限
→∞を級数とので。→∞として Σ=→∞/となり。上に有
界な単調増加数列が収束することから。Σ=→∞/は収束する。+/の
値は。≦≦における関数/+の下の面積より大きく。積分で表すと大阪
市]小学校の学級数の適正規模を条例で規定// 配信

r<1 のとき等比数列の無限和1+r+r^2+r^3+.=1/1-rr=-xで1/1+x=1-x+x^2-x^3+x^4-.両辺をx で積分log1+x=x-1/2x^2+1/3x^3-1/4x^4+.x=1を代入log2= 1-1/2+1/3-1/4+1/5-