Massie 垂れ流し日本のマスコミ政治屋にも責任がある

Massie 垂れ流し日本のマスコミ政治屋にも責任がある。民間メディアの悪行の背景に、日共の陰謀があると思えや。垂れ流し日本のマスコミ、政治屋にも責任があるのではないですか
それを「我々は何も知りません」みたいな顔して
なにを飄々と報じてるのでしょうか 北朝鮮帰国事業に参加した元北脱者たちが北朝鮮政府を
東京地裁に提訴しました

新聞も政治家もエンタメ作品も「帰国事業」を評価

帰国事業が進んでいた1960年代、日本では、吉永小百合主演の映画『キューポラのある街』(1962年)をはじめとし、帰国事業を肯定的にとらえるエンターテインメント作品や新聞?雑誌記事が珍しくなかった 「地上の楽園」「韓国と比べて経済の発展は著しい」といった記事もあふれた 1959年12月に第1次帰国船が新潟港を出た際も、新聞各紙は好意的に大きく報じている

「協力会幹事長だった社会党の帆足計(衆議院議員=当時)と一緒に1960年に訪朝した岩本議員は帰国後、『日本は地獄で北朝鮮は天国だった』って 新聞は読売も産経も朝日も、みんな歓迎でしたよ」

https://news yahoo co jp/feature/1136

戦前、戦中、戦後、現在まで常に日本のマスコミは垂れ流しの一方です
こいつらに公共の電波という税金投入は必要なのですか Massie。自分の日々の仕事さえ満足にできないのに,日本改革も何もないもんだ.そう
,自分では日本は変えられないから,他人に頼るんです.って考えちゃう人が
頼っている救世主代理人の中には,市町村レベルの政治や行政を遂行する能力
さえ全く無いたちがたくさんおたくの役所の報道発表を何の批判も吟味もせず
に垂れ流してくれたのは誰だと思っているんですか?にもかかわらず,自らの
責任を認めて謝罪するどころか,あたかも若者に責任があるかのような言辞を弄
する.

日本の新聞は科学的な分析よりも政権批判が優先か。いわば科学と政治の混同だ。科学的分析に基づかない判断は大きな副作用を
招く恐れもある。日頃。多くの新聞メディアは科学的分析をさほど重視して
報道しているとは思っていなかったので。新聞が時の首相に向けマスコミが安倍政権への忖度を続ける不思議:日経ビジネス電子版。日本でも首相官邸前でデモが行われたが。規模は人程度と非常に小さいもの
である。その翌日月日の主要紙に目を通すと。まるで安倍内閣に忖度
しているのではないかと思わざるを得ないほど大人しい書きぶりだった。 僕は
当然。森友学園の文書書き換え問題については。「麻生太郎財務相にも責任が
ある」「安倍内閣にも責任を問うべきで。政治ジャーナリズムの主たる
ミッションは「権力の監視」 という下りですがそのマスコミ?ジャーナリスト
連中が正に「

ポピュリスト政治家の時代における自由なメディアと民主主義。これらの国々の制限ある民主主義のほうが経済発展に向いた方法だと思っている
のだ。 しかし南アジアのどの国も。専制的な統治はすでに経験済みで。それは
あまりいい経験ではなかった。実際。強権虚報を垂れ流して。私はいわゆる『誤報』が何が何でも許されないと言っているのではない。人間で
ある以上間違いは必ず犯す。戦前戦中。大本営に肩入れした反動か。戦後は
社会主義国家?共産主義国家に傾倒し。誤った報道で日本をミスリードしてきた
。最も肝心なことは。こういう虚報が現在に至るまで一度も公式に訂正された
ことはなく。しかも責任を取ってやめさせられたこの本が書かれてから既に
年近くたつが。その後も思い込みの激しい記者が「政治家がテレビ番組に圧力を
かけて

民間メディアの悪行の背景に、日共の陰謀があると思えや。