NHK高校講座 地学基礎についての質問です プレートにつ

NHK高校講座 地学基礎についての質問です プレートにつ。ホットスポットというのは、プレートの動きとは関係なくというか地球に固定されていると考えるその点の地球深部から熱が上がってきてマグマが作られる点です。地学基礎についての質問です
プレートについて学んでいるのですが、この問題がどうしてもわかりません (1)A (2)ホットスポット (3)ア になるのですが、1番と3番は Aに海嶺があり、プレートが 左上に流れているということになるのでしょうか 学校で習わない地学基礎。こんにちは。武田塾横須賀中央校です。 今回は。理科の中でも神秘的な教科。
地学基礎 という教科についてお伝えします!地球の環境については。今起き
ている環境問題を地学の視点から学んでいきます。 記憶にも分析速報地学Ⅰ。朝日新聞社のニュースサイト。朝日新聞デジタルの大学入試センター試験の特集
ページです。各科目の概観。検索 ヘルプ よくある質問総合ガイド
第3問は地質構造の空間的把握と地質図学についての応用力が試された。第4
問は大気の問2はプレートについて総合的な知識が必要。問3は圧力地学
基礎を現在学習している場合は。これまでの学習を見直す意味でも教科書の通読
をしてみてください。また。採録松井咲子さんと学んで始める

NHK高校講座。ていて,プレート境界の性質やそこで起こる地球科学的な現象を理解していく
ことはとても大切です。プレート境界におけるプレート相互の運動には,つの
タイプがあります。今回はそのつのタイプの境界の基本的な性質について学んで活動する地球。さっそく質問に回答しますね。 質問内容 受験準備エンカレッジ月号
より抜粋プレートの境界から離れているところで,マントル深部から地学基礎。地学基礎 質問です。 世界のプレートの分布写真参考は全部覚えた方が良い
んですか?ユーラシア。太平洋のよつがわかってればそれ以外のプレートを
覚える必要もないし。使う場面もないと思います笑拡大発散については。海溝が
環太平洋沿い太平洋を取り囲むにあること。大西洋に大きな海嶺があり。
そこを境に発散境界になっていることを覚えておけばいいと思います。

質問/要望/意見と答前半。授業は高校の教科書に従って進めているので。 「地学基礎」のものでしたらどれ
でも内容は適合しているはずです。 教科書に準拠金星については地表が高温
約℃のため,地殻がやわらかく,硬い「プレート」が存在しないと考えられ
ているようです。 [質問] 地球[答] ちょっと資料が見つかりませんでした。 [
質問]地学基礎についての質問です。

ホットスポットというのは、プレートの動きとは関係なくというか地球に固定されていると考えるその点の地球深部から熱が上がってきてマグマが作られる点です。ホットスポットの上をプレートが動いていきます。そのためホットスポット上には新しい火山ができ、ホットスポットから離れたところには、かつてプレートがホットスポット上にあったときに活動した古い火山が火山島あるいは海山として残っています。Aに海嶺はありません。海嶺はもっとずっと南東側です。南東側にある海嶺でできたプレートは左上北西側に動いています。その途中にホットスポットA点を通ります。日本の近くにあるホットスポットは、ハワイの近辺にある1つだけではありません。南太平洋側となりますが、カロリン諸島付近にもホットスポットが存在していて、2つのホットスポットからの流れている力が合成されているのです。そのためハワイ付近では西へと流れ向きとなり、少しずつ離れるごとにカロリン諸島側からの力が無視できなくなって、アリューシャン列島やカムチャッカ半島の南畝付近では少しずつ移動方向が北向きへと変わっていきます。つまりAはハワイ諸島のホットスポットがある場所であり、地表への湧き出し口ですから一番新しく、流れの向きとしては地図上の並び通りにA?B?Cの順となります。※ C?Dの間はA?B?Cの向きとは少し異なりますので延長とはなりません。※ 天皇海山列に対して南東側から斜めに力を加えている状態でする※ そのため、この問題でならアのみを選ぶべきでしょう。