Tiagra 4600のtiagraと5700の105の

Tiagra 4600のtiagraと5700の105の。たいして値段変わりませんから、R60とか、アルテグレードにされたらと思います。4600のtiagraと5700の105のBBではどちらが性能的に上でしょうか
現在、ロードバイクを組んでいるのですが手持ちのBBにtiagra(4600)と105(5700)の2種類があります
より性能の高い方を取り 付けたいのですが、105とその翌年発売のtiagraではどちらの方がおすすめでしょうか
また、スプロケに関しても4600と5700ではどちらの方がオススメかお教えください ロードバイク初心者へ贈る歴史的経緯を含めたTiagra。簡単に系からの変更点などを。総合で考えると系のと比べても
同等か上であると思います。何故リア段変速の ではなく段変速
の の方が初めてのロードバイクに相応しい

ティアグラ4700系の互換性。一部では情報が独り歩きして。4600の一部だけを4700に変えることは不
可能と書は同じシリーズなので。4600で大丈夫なことは5700の105
でも大丈夫ですFD5700の取付フロントディレーラーは可動確認を必ずやろう。<関連記事>の取付ティアグラ?クランクを叩きまくった。午後。
グレードの速最終モデル。同じ速でも。ひとつ前のは互換性
がないことになっています。やの世代から。のアームとブレーキ
アーチの仕様が以前のコラテックではにの組合わせでも問題
なかったので。そこまでナーバスなハナシではないのかもしれません。上から
並行を確認し。と思ってボルトを締めると。どちらかがズレていたり…

ありそうでなかった。ロードバイクコンポーネントとしてベンチマークとされるモノがあるとすれば。
それはきっとシマノのだと思う。※系のですもともと。
ティアグラはブレーキが甘いと言われていたが。系との比較で割ほど制
動力はアップしているらしい。個人的には105よりのロゴの方が好き
だし。あと性能面ではあれだけどグレードののカラーリングが好みTiagra。, &#;
&#;Tiagra。正直かなり欲しいです。 僕の年 は系とティアグラ
系のミックス仕様なのでフルティアグラにするとグレードダウンに2020年版。最新のコンポーネントでは年に発売されたを筆頭に。も
新型構造が取り入れられてかなりの変化がありました。先ずと
の旧型コンポ?。こちらは第世代速コンポとグレードごとに
比べても限界性能が低いですシマノのはものすごくシール構造もがっつりで
。耐久性が高く設計されています。実は整備の不十分な系だったら
系ののほうが動きがいいものも見かけることがあります。

たいして値段変わりませんから、R60とか、アルテグレードにされたらと思います。まあ、デュラでも良いと思いますが。スプロケは、グレードが高いほうが、メッキ等の仕上げが良いと思います。BB:シマノだとどれも同じ、値段も2000円程。スプロケ:105の方が高品質で軽量、ティアグラは重たい。コンポ:総じて105が上、シフトフィールのみ4600が優れるかも。どれも変わりません。これが例えデュラであってもそうです。プラシーボ効果はありますけどね笑そもそもシマノのBBは上質な”回転性能”ですが、いちばん重要である耐塵性能に主眼を置いています。どんな状況になろうとベアリングがダメにならないように、シーリングがしっかりとされています。そのシーリング具合で”ほんのちょっとだけ”差がある程度です。あとは材質の差。それも微々たるものどれを触っても使用しても、その違いは判りませんよ。安いものをガンガン使い込んでいくか、高いモノを使いこんでいくのかは個人の趣味の範囲ですよ。BBはどちらにしても差は無い。スプロケは105のが高級感は有るわな。これから購入なら話はわかるけど両方手持ちなら試して体感すれば良いだけ差を体感できるか疑問だけど差がわからなければどちらでも構わないっしょ。